2013年03月05日

啓蟄!!!


本日は、二十四節気の一つ啓蟄です。
このころになると、
長いあいだ土の中で冬ごもりしていたいろいろな虫が、
穴を啓(ひら)いて地上へはい出てくるという意味です。

最近、二十四節気について書いておりますが、
簡単にふれておきますと、
明治5年から日本では太陽暦が採用され、
わたしたちの生活に浸透しています。
しかし、気学では2月4日前後の立春を1年の始まりとし、
1年を24の節に分けて考えます。
これがいわゆる二十四節気で、季節の変わり目を表します。
節気は月に2度あるのですが、初めのものが月の節変わりとなり、
ここから新しい月が始まります。
そして、次の節変わりの前日までは同じ月になるわけです。
太陽暦では毎月の1日から月が始まりますが、
気学では節変わりから月が始まることになります。

ということで、啓蟄の今日から3月が始まるということですね。
冬ごもりしていた人は、それぞれの穴を啓(ひら)いて、
春を謳歌されて下さいネ。

ところで、皆様は春からどんな色を連想されますか!
では、秋からはどんな色を連想されますでしょうか!?
皆様が、イメージされた色と学問の上での
春の色秋の色は果たして同じかどうか!?
posted by ygl at 11:40 | Comment(3) | 雑感